クリニック案内|「浦安駅」徒歩1分の内視鏡内科、消化器内科、内科です

MENU

クリニック案内

クリニック概要Clinic

  • 医院名
    さかもと内視鏡クリニック
  • 住所
    〒279-0001 千葉県浦安市当代島1-1-11 3階
  • ご予約・
    お問合せ
    047-304-1111
  • 診療科目
    消化器内科、内視鏡内科、内科
  • 診療時間
    診療時間
    09:00-11:30
    15:00-18:00
    • 【休診日】木曜・日曜・祝日・第4月曜・第4土曜
    • 木曜:順天堂浦安病院にてESD等の内視鏡治療

Cooperation facility提携施設

クリニック紹介Photo

  • 受付・待合

    受付・待合

  • 待合スペース

    待合スペース

  • 診察室

    診察室

  • 内視鏡室

    内視鏡室

  • 処置室

    処置室

  • リカバリー室

    リカバリー室

  • トイレ(内視鏡検査用)

    トイレ(内視鏡検査用)

  • 外観

    外観

当院についてAbout

当院は、内視鏡検査を専門とするクリニックです。

年齢・性別を問わず、消化管(食道・胃・大腸)に関する不調を改善するお手伝いを致します。
健診での異常、お腹の不調(便秘、下痢など)でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

ご挨拶Greeting

患者さまの立場に立った最適な医療の実践

順天堂医院で23年間、大腸を中心に内視鏡検査を行ってきました。
2006年からは大腸内視鏡のチーフとして、常に安全で苦痛がなく、質の高い内視鏡診断、治療ができるよう心掛けてきました。
2017年には内視鏡指導医20名、専門医40名が在籍する内視鏡室の室長として仕事をさせて頂きました。
また、近年の内視鏡診断(NBI分類)や内視鏡治療(コールド・ポリペクトミーや粘膜下層剥離術(ESD))の確立と国内外への普及に努めて参りました。
このたび、念願であった内視鏡クリニックの開設にあたり、1人1人の患者さまが心から満足頂ける医療を提供できるよう頑張っていきたいと思っております。
どんなことでも気兼ねなくご相談頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

さかもと内視鏡クリニック
院長坂本直人

さかもと内視鏡クリニック 院長 坂本直人

略歴

1994年 3月 順天堂大学医学部 卒業
1994年 6月 都立広尾病院 臨床研修医
1997年 5月 順天堂大学消化器内科 入局
1999年 7月 国立がん研究センター中央病院内視鏡室 研修
2007年 5月 順天堂大学消化器内科 准教授
2016年11月 順天堂大学消化器内科 先任准教授
2017年 6月 順天堂大学内視鏡室 室長
2020年 9月 さかもと内視鏡クリニック 開業

資格・所属学会

  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会 学術評議員
  • 日本消化器内視鏡学会 学会誌編集委員
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医試験作成委員
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会認定医

Performance実績

順天堂大学付属順天堂医院 内視鏡室室長

さかもと内視鏡クリニック 院長 坂本直人

2017年アメリカ消化器病学会TV(DDWTV)で 順天堂医院の内視鏡室について紹介

主な海外招待講演

  • 日本トルコ医学交流フォーラムTurkey-Japan Medical Exchange Forum日本の医療、機器の海外展開目的(経済産業省主導、日本国大使など参加)・アンカラ2014年4月 最先端の内視鏡分野に関する講演
  • 第4回日中医学交流フォーラム・順天堂大学・2017年11月30日講演、ESDライブデモンストレーション
  • 第3回ベトナム消化器内視鏡学会 Ho Chi Minh city 2018年4月招待講演、内視鏡実技指導、内視鏡診断治療ライブデモンストレーション
  • 欧州消化器病学会UEGW 2018, Dinner Party Hotel Bristol Wien2018年10月招待講演「Endoscopic submucosal dissection using traction device」

市民公開講座

  • 第98回 日本消化器病学会市民公開講座・浦安市民プラザ・2017年9月2日みんなが気になるお腹のサイン
  • 第42回 都民公開講座・文京シビックホール・2018年9月22日早期大腸がんの内視鏡診断と治療法
  • 八王子市民公開講座・2019年11月30日便秘、下痢、血便?大腸がんの初期症状と予防法

英文原著

  • Frequent hypermethylation of RASSF1A in early flat-type colorectal tumors. Oncogene. 23: 8900-7, 2004
  • Allelic loss analysis of early-stage flat-type colorectal tumors. Ann Oncol. 17:43-9, 2006
  • Distribution comparison of depressed vs. non-depressed early colorectal cancers. Aliment Pharmacol Ther. symp ser2, 227-32, 2006
  • "Loop Clip", a new closure device for large mucosal defects after EMR and ESD.Endoscopy. 40:E97-8, 2008
  • The facilitation of a new traction device (S-O clip) assisting endoscopic submucosal dissection for superficial colorectal neoplasms. Endoscopy. 40:E94-5, 2008
  • Endoscopic submucosal dissection of large colorectal tumors by using a novel spring-action S-O clip for traction (with video). Gastrointest Endosc. 69:1370-4, 2009
  • A prospective, multicenter study of 1111 colorectal endoscopic submucosal dissections (with video). Gastrointest Endosc. 72:1217-25, 2010.
  • Histological Distinction between the Granular and Nongranular Types of Laterally Spreading Tumors of the Colorectum. Gastroenterol Res Pract. 153935, 2014.
  • NBI magnifying endoscopic classification of colorectal tumors proposed by the Japan NBI Expert Team (JNET). Dig Endosc.28;526-33,2016.
  • Distinct endoscopic characteristics of sessile serrated adenoma/polyp with and without dysplasia/carcinoma. Gastrointest Endosc. 590-600, 2017.
  • Process of wound healing of large mucosal defect areas that were sutured by using a loop clip-assisted closure technique after endoscopic submucosal dissection of a colorectal tumor. Gastrointest Endosc. 78:793-798, 2013.
  • Prospective clinical trial of traction device-assisted endoscopic submucosal dissection of large superficial colorectal tumors using the S-O clip. Surg Endosc. 28:3143-9, 2014.
  • Large superficial tumor of the colon involving a diverticulum removed by endoscopic submucosal dissection. Gastrointest Endosc. 82:751, 2015.
  • Molecular characterization of sessile serrated adenoma/polyps with dysplasia/carcinoma based on immunohistochemistry, next-generation sequencing, and microsatellite instability testing: a case series study. Diagn Pathol. 13(1):88, 2018. 他、60本

英文総説

  • Endoscopic diagnosis of sessile serrated adenoma/polyp with and without dysplasia/carcinoma. World J Gastroenterol. 2018; 24(29): 3250–3259.
  • Advanced Endoscopic Treatment for Early Colorectal Cancers - Traction Assisted Endoscopic Submucosal Dissection for Colorectal Tumors - Juntendo Medical Journal 2019. 65(5), 426-432.
  • Clinicopathological features, diagnosis, and treatment of sessile serrated adenoma/polyp with dysplasia/carcinoma. J Gastroenterol Hepatol. 2019 Oct;34(10):1685-1695.

和文原著

  • 大腸腫瘍の内視鏡治療における後出血に関与する因子の検討. Gastroenterological Endoscopy. 48 : 987-992, 2006
  • 多発肝転移とリンパ節転移を伴う小型大腸癌の1例. Progress of Digestive Endoscopy 75:100-101,2009
  • 短期間での形態変化を呈した直腸MALTリンパ腫の1例 Progress of Digestive Endoscopy:91,182-183, 2017
  • 肝転移を伴う6mm大の早期大腸癌の1例. Progress of Digestive Endoscopy :94,107-108, 2019 他、13本

和文総説

  • 大腸ポリープ、ポリポージス. Annual Review 消化器247-253, 2005
  • 大腸ポリープ、ポリポージス. Annual Review 消化器238-245, 2006
  • The Japan NBI Expert Team(JNET)大腸拡大Narrow Band Imaging(NBI)分類の紹介.Gastroenterological Endoscopy58,2314-22, 2016
  • 大腸ESDにおける新たなトラクション法 けん引クリップ(S-O clip)を用いたESD(解説). Gastroenterological Endoscopy59,1514-23,2017.
  • 鋸歯状病変のがん化経路の新展開.病理と臨床,36,1067-1075,2018.

和文著書

  • Aberrant Crypt Foci, Hyperplastic Polyp, Serrated Adenomaの同室と異質.消化器内視鏡3: 418-428,2001.
  • 表面型大腸腫瘍の遺伝子解析. 胃と腸1180-1188,2003.
  • 亜有茎性・有茎性巨大ポリープの取り扱い(30mm以上)消化器内視鏡1225-1229,2005.
  • 大腸LSTの臨床病理学的検討およびLOH解析; 早期大腸癌10:429-435, 2006.
  • 大腸EMR/ESDの選択基準、およびTraction deviceを用いた大腸ESDの実際. 消化器の臨床16:420-424,2013.
  • 直伝!救急手技プラチナテクニック, 上部消化管内視鏡. ERノート7: 198-208,2013.
  • 10mm未満の小型ポリープに対するCold polypectomyとHot polypectomyの偶発症比較. Intestine20,463-472, 2016.
  • 大腸内視鏡挿入法-永遠のテーマ・大腸屈曲部の通過法. 消化器内視鏡 28,570-575,2016.
  • 鋸歯状病変(SSL/TSA/SuSA)の内視鏡的特徴(NBI/BLIを中心に) 消化器内科 2,57-67,2020.
  • 拡大内視鏡を極める, 挿入性における大腸スコープの特徴. INTESTINE 24,283-289,2020. 他、50本

その他:科学研究費助成事業

  • 科学研究費助成事業 研究種目:若手研究(B)期間:2006〜2007年表面型大腸腫傷に関する分子遺伝学的研究(BHD変異を中心に)
  • 科学研究費助成事業 研究種目:挑戦的萌芽研究 期間:2009〜2010年外骨格型マイクロロボットによる内視鏡的粘膜下層剥離術への挑戦
  • 科学研究費助成事業 研究種目:基盤研究(C)期間(一般):2011〜2013年分子生物学的手法を用いた大腸腫瘍内視鏡的切開剥離術の安全性の検討
  • 科学研究費助成事業 研究種目:基盤研究(C)期間(一般):2018〜2020年大腸がん細胞によるがん促進性ニッチ構築機構の解明
pagetop